キーワードimage01 キーワードimage01 キーワードimage01

日本の世界一ってどんなものがあるの?

no_image

日本はとても小さな島国ですので、そこにコンプレックスを抱いている方も少なくないでしょう。 しかし、こんなに国土の狭い国

海外からみた日本の姿とは?

no_image

少し前まで、「オタク」といえばネガティブなイメージを持つ言葉でしたので、オタク趣味を持っていても隠していた、という方も多

日本の文化の中にある世界一に迫る!

no_image

日本と言えばおもてなしの国です。 そんな日本人からしたらごく普通の事でも海外からはビックリされる事がたくさんあるのです

新着情報

◆2017/01/23
日本の世界一ってどんなものがあるの?の情報を更新しました。
◆2015/08/14
海外からみた日本の姿とは?の情報を更新しました。
◆2015/08/14
日本の文化の中にある世界一に迫る!の情報を更新しました。
◆2015/08/14
日本にある世界一の建造物とは?の情報を更新しました。
◆2015/08/14
日本が世界に誇る技術とは?の情報を更新しました。

世界一の自立式鉄塔に注ぎ込まれた日本の技術

この10年の日本でもっとも高い注目を集めた建造物と言えば何を思い浮かべるでしょう?おそらく、ほとんどの方が東京スカイツリーを思い浮かべるのではないでしょうか?
高さ世界一の建造物を目指して建てられたこの東京スカイツリーは計画段階から、非常に高い注目を世界中から集めていました。

2012年の開業から、現在でも日本の首都・東京の新たな象徴としての役割を立派に果たしています。

この東京スカイツリー、建造物としての高さは634mで、ドバイに完成したブルジュ・ハリアー(828m)に世界一の座を譲ってしまったことは多くの方がご存じでしょう。
しかし、世界一の自立式鉄塔の地位は現在でも守られています。

◆最高レベルの技術の集大成
一見するととてもシンプルな構造に見える東京スカイツリーですが、その設計や建設には日本ならではの世界最高レベルの技術が注ぎ込まれています。

自立式鉄塔としてこの高さと、同時に十分な強度を保つために、その設計は非常に複雑なものとなってしまいました。
特に内部の鉄骨の組み合わせはあまりに複雑で、熟練の職人による手作業でなければ組み上げることができなかったと言われています。

設計図が完成した当時、そのあまりにも複雑な構造に、海外の建築家は、実際に建設するのは不可能である、と言ったという逸話が残っているほどです。

その高さばかりが注目されがちな東京スカイツリーですが、その建設には、日本の誇る世界一の技術が注ぎ込まれているのです。

▲PAGE TOP
Copyright(C)2015 日本の誇る世界一!~世界からみた日本ってどんなもの? All Rights Reserved.
※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。